SPF設定と、エラーメール受信用メールアドレス・発信者メールアドレスの作り方

「SPF」とは

「SPF」とは、メールの送信元ドメインが詐称されていないかを検査するための仕組みです。

例えばGmailでこのような表示を見たことはありませんでしょうか?

これは、「なりすましメールの可能性がある」とGmail側で判断されてしまった時に表示され、この判断をされてしまったメールは迷惑メールとして扱われてしまいます。

そうなるのを防ぐために、「エラーメール受信用メールアドレス」「発行者メールアドレス」のドメインには「SPFレコード」の設定をしておくと良いでしょう。

※「届くんです。」から配信されたメールは、メールヘッダの
  Return-Path が エラーメール受信用メールアドレス
  From が 発行者メールアドレス になります。

 
SPFレコードは「ドメイン」にて設定するものですので、GmailやYahoo!メールといったフリーメールでは設定ができません。

ですので、特にこだわりがなければ「エラーメール受信用メールアドレス」「発行者メールアドレス」共に「届くんです。」の設置ドメインでメールアドレスを作成することをおすすめします。

例えば、example.com というドメインに「届くんです。」を設置している場合

エラーメール受信用アドレス ⇒ error@example.com
発行者メールアドレス ⇒ info@example.com

といったようなメールアドレスを作成する、ということです。
※@の前の文字列はなんでもかまいません。

GMO(旧@YMC)のサーバーに「届くんです。」を設置している場合
※設置ドメインでのSPF設定(DNSゾーン情報変更)は有料オプションとなりますので、別途エックスサーバーをお使いであれば、そちらに追加されているドメインでメールアドレスを作成し、そのドメインにてSPF設定をしていただきますようお願いいたします。
エックスサーバーをお使いでなくSPFの設定方法が分からない場合は、個別にサポートさせていただきますのでお問い合わせください。

エックスサーバーでのメールアドレス作成方法

エックスサーバーでのメールアドレス作成方法は、エックスサーバーのマニュアルにある
メールアカウントの追加」ページでご確認ください。

そして、エックスサーバーのマニュアルにある「メールソフトの設定」のとおりに、
作成したメールアドレスを「届くんです」のエラーメール受信用として設定してください。

xmanual

届くんですを設置しているサーバーの「IPアドレス」を確認する

エックスサーバーに設置している場合

「届くんです」の設置ドメインを登録してあるエックスサーバーのサーバーパネルにログインして「サーバー情報」を開いてください。

IPアドレスをコピーしておいてください。

@YMCに設置している場合

@YMCの場合、「IPアドレス」は「マネージドV250・サービス開始通知書」(PDF)に記載されています。

IPアドレスをコピーしておいてください。

SPF設定手順

エックスサーバーに追加してあるドメインにSPF設定をする

「DNSレコード」の設定画面を開きます。

「DNSレコードの追加」を開きます。

下図のとおりに設定を行います。

  • ホスト:空白でかまいません。
  • 種別:TXT
  • 内容:v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx ~all
    「xxx.xxx.xxx.xxx」の部分に、先ほどコピーしておいたIPアドレスを入れて下さい。
    例えば、IPアドレスが「123.456.789.012」であるとしたら、
    v=spf1 +ip4:123.456.789.012 ~all
    と入れます。

    また、同じドメインで「届くんです」以外の用途でも使うメールアカウントがある場合は、届くんです設置ドメインのIPアドレスと、別の用途で使う時のメールサーバーのIPアドレスの両方を設定してください。

    複数のIPアドレスを設定する場合は、以下のように1行で記載します。
    v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx +ip4:ooo.ooo.ooo.ooo ~all

  • 優先度:0のままでかまいません。

入力できたら、「DNSレコードの追加(確認)」をクリックします。

確認画面が表示されますので、間違いがなければ「DNSレコードの追加(確定)」をクリックしてください。

これでSPFレコードの設定ができました。

SPF設定ができているかの確認

※設定が反映するまでにはしばらく時間がかかりますので、設定を行ってから時間をあけて確認してください。

 
「届くんです」にテスト用のGmailを1つ読者登録して、通常のメルマガ配信を行ってみて下さい。

Gmailにメルマガが届いたら、右上の▼をクリックして「メッセージのソースを表示」をクリックします。

SPFの設定ができていれば「PASS」と表示されます。

上記で「PASS」とならない場合

下にスクロールして、
virusgw●.xserver.jp (virusgw●.xserver.jp [ooo.ooo.ooo.ooo])
という部分を探してください。

[ooo.ooo.ooo.ooo] の中に記載されているIPアドレスを、SPF設定に追加してください。
【設定例】
v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx +ip4:ooo.ooo.ooo.ooo -all