1-3a.サーバーへの設置【エックスサーバー】

エックスサーバーを準備する

事前に、レンタルサーバーの契約と、FTPソフトの用意をしておいてください。

エックスサーバーのトップページを開きます。⇒エックスサーバー

「お申し込み」をクリック。
1

お申し込みフォームを開き、画面の指示に従って申し込み手続きを行なってください。
2

※サーバーのお申し込み方法についてのご不明な点は、サーバー会社へお問い合わせください。

FFFTPは、こちらからダウンロードしてインストールを行なってください。⇒ダウンロードページ
FTPソフトの設定方法⇒https://www.xserver.ne.jp/manual/man_ftp_setting.php

PHPのバージョンを確認

エックスサーバーのコントロールパネルから「PHP Ver.切替」をクリックします。
13

「PHP5.6.xx」になっていればOKです。それ以外の場合は「PHP.5.6.xx」に変更してください。
5-2

システムファイルをダウンロードする

まずはユーザーページから、サーバーにアップロードするファイルをダウンロードします。
メニューの「インストール」をクリックしてください。

「ツール名」は、利用中のツール名を選択してください。

※利用中のツール名は、ユーザーページ内の「登録ツール」でご確認いただけます。

レンタルサーバーは「エックスサーバー」を選んでください。

「ダウンロード」ボタンをクリックすると、zipファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、
下図のように3つのファイルが入っているフォルダが表示されます。

FTPソフトでサーバーにアップロード

「tdk」フォルダを、FTPソフトでサーバーにアップロードします。

「tdk」フォルダは、必ずpublic_htmlフォルダの中に入れて下さい。

※このマニュアルではFFFTPを使っていますが、他のソフトでもかまいません。

アップロードできると、このようになります。

この「tdk」というフォルダ名は、絶対に変更しないでください。
変更した場合システムが動きませんので、ご注意ください。

インストールを行う

http://設置URL(末尾tdk/)download.php にアクセスします。
SSL化する場合は、https://設置URL(末尾tdk/)download.php にアクセス

※下の画像のような画面が表示されずエラーになる場合は、こちらもご確認ください。
https://www.xserver.ne.jp/support/faq/faq_service_ftp_trouble.php

「届くんです。」申込時のメールアドレスを入力して「送信する」をクリックします。

すると、インストール画面が開きます。
SSL化する場合も、ここでは「設置したURL」は「http」のままにしておいてください。

下にスクロールして、データベースの設定の各欄を入力していきます。

データベースの設定方法

コントロールパネルを開き「MySQL設定」をクリックします。
3

「MySQLの追加」をクリックします。
4

データベース名を入力し、文字コードを「UTF-8」にして、
「MySQLの追加(確認)」をクリックします。
5

「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。
6

次にユーザーの追加を行います。
「MySQLユーザの追加」をクリックしてください。
7

ユーザIDとパスワードを入力して、「MySQLユーザの追加(確認)」をクリックします。
8

「MySQLユーザの追加(確定)」をクリックします。
9

「MySQLの一覧」を開いて、先ほど追加したユーザ名を選択し、「追加」をクリックします。
10

「戻る」をクリックします。
11

ユーザー名が変更されていればOKです。

「データベース名」「ユーザ名」「パスワード」は、先ほど作成したものを入力します。

ホスト名は、「MySQLの一覧」ページの一番下に記載されています。
12

全て入力できたら「設定」をクリックします。

このように表示されたら、インストール完了です。

「_install」フォルダを削除する

インストール完了後は、「_install」フォルダを削除してください。

FTPソフトで「届くんです。」をアップロードしたサーバーに接続し、
「_install」フォルダごと削除します。

【SSL化する場合のみ】「user_config.php」ファイルの修正を行う

FTPソフトでサーバーに接続し、届くんですのシステムフォルダ(「tdk」フォルダ)の中にある「user_config.php」を、デスクトップなど分かりやすい場所にダウンロードしてください。

※ファイルのアイコンは、各PCの設定によって異なります。

「user_config.php」をテキストエディタで開いてください。下の図解ではTeraPadを使用しています。

ファイルを開くとこのようになっています。

「インストールURL」の「http」を「https」(sを追加)に修正します。

ファイルを保存して、修正した「user_config.php」をサーバーに上書きアップロードします。